2015年1月26日 · 1:26 AM

増加傾向にある占い師の募集

“占いは世界中で古くから行われており、日本でもその発祥は縄文時代や弥生時代まで遡ると言われています。昔は作物を作るために必要不可欠である雨がいつ降るかという事や、流行している疫病等がいつ収束するかという事を予測するために占いが活用されました。当時は個人の運勢や将来を占うというよりも、社会全体の不安や懸念を取り除くために利用される事が多かったのです。その後、近代化が進む中にあっても占いは常に人間社会の中で重宝され、その用途は役割こそ変化はしていますが、占いは今現在でも社会の中に根付いた存在となっています。
現在の占いは、社会全体の行く末を占うというより、個々人の運勢や将来を占うという用途で用いられるケースが殆どです。占いの種類も多様化しており、古くから存在するタロット占いやカード占い等に加えて、最近では動物占いや氏名占いや生年月日占いなど、その種類は数え切れないほど多くなってきています。
占いの種類の多様化を受け、占い師の専門化も進んでいます。一昔前まではそれほど占いの種類が多くなかったので、一人の占い師が複数の占いを行うのが一般的でしたが、最近では占いの種類が増え過ぎて一人の占い師では全ての種類を扱う事が困難となったため、占い師によって取り扱う占いの種類に違いが生じるようになったのです。例えば、ある占師はカード占いが専門であり動物占いは行わないが、別の占師は動物占いを行うけれどもカード占いは行わないといった具合に、分担化が進んだのです。
占いの種類が大幅に増えた事や、占師による占い手法の分担化が進んだ事により、占い師は全般的に不足傾向にあります。この点、個人で営業している占師には関係ありませんが、ビジネスとして占いビジネスを展開している企業では、占師として働ける人材の募集を積極的に行っています。募集の形態は様々であり、例えばある特定の占い手法に関する知識や技術を有する人を募集している求人もあれば、占い手法や分野は特に特定せず占いそのものをやってみたいという志を持つ人材を募集している求人もあります。
こうした求人では特定の占い手法に関する知識や技術を有する経験者が重宝される傾向にありますが、一方で新たに占いを専門として働いてみたいという高い志を持つ人にも門戸が開かれています。従って、占いを行う事が好きで、第三者に対して占いサービスを提供してみたいという人には、魅力的な職業であると言えるでしょう。”

Leave a Comment

Filed under 占い師の募集