Yearly Archives: 2015

増加傾向にある占い師の募集

“占いは世界中で古くから行われており、日本でもその発祥は縄文時代や弥生時代まで遡ると言われています。昔は作物を作るために必要不可欠である雨がいつ降るかという事や、流行している疫病等がいつ収束するかという事を予測するために占いが活用されました。当時は個人の運勢や将来を占うというよりも、社会全体の不安や懸念を取り除くために利用される事が多かったのです。その後、近代化が進む中にあっても占いは常に人間社会の中で重宝され、その用途は役割こそ変化はしていますが、占いは今現在でも社会の中に根付いた存在となっています。
現在の占いは、社会全体の行く末を占うというより、個々人の運勢や将来を占うという用途で用いられるケースが殆どです。占いの種類も多様化しており、古くから存在するタロット占いやカード占い等に加えて、最近では動物占いや氏名占いや生年月日占いなど、その種類は数え切れないほど多くなってきています。
占いの種類の多様化を受け、占い師の専門化も進んでいます。一昔前まではそれほど占いの種類が多くなかったので、一人の占い師が複数の占いを行うのが一般的でしたが、最近では占いの種類が増え過ぎて一人の占い師では全ての種類を扱う事が困難となったため、占い師によって取り扱う占いの種類に違いが生じるようになったのです。例えば、ある占師はカード占いが専門であり動物占いは行わないが、別の占師は動物占いを行うけれどもカード占いは行わないといった具合に、分担化が進んだのです。
占いの種類が大幅に増えた事や、占師による占い手法の分担化が進んだ事により、占い師は全般的に不足傾向にあります。この点、個人で営業している占師には関係ありませんが、ビジネスとして占いビジネスを展開している企業では、占師として働ける人材の募集を積極的に行っています。募集の形態は様々であり、例えばある特定の占い手法に関する知識や技術を有する人を募集している求人もあれば、占い手法や分野は特に特定せず占いそのものをやってみたいという志を持つ人材を募集している求人もあります。
こうした求人では特定の占い手法に関する知識や技術を有する経験者が重宝される傾向にありますが、一方で新たに占いを専門として働いてみたいという高い志を持つ人にも門戸が開かれています。従って、占いを行う事が好きで、第三者に対して占いサービスを提供してみたいという人には、魅力的な職業であると言えるでしょう。”

Leave a Comment

Filed under 占い師の募集

占い師になって募集に応募する

“占いが好きな方はとても多いです。特に女性の方はこの傾向が強いようです。テレビなどでも朝のワイドショー番組などでは必ず今日の運勢が組まれています。それ以外にもいろいろな占いをする方が集まっているところに行って占いをしてもらったり、行列を作ってまでもよく当たるという占いの方にみてもらっています。このような方の中には、占いのお陰で運勢が好転して思い通りのとても幸せな生活を送っている方もいます。また、これがきっかけで、他の方にも幸せを分けてあげたいという思いから、自らも占い師として活躍される方もいます。
では、どのようにすれば占い師になることができるのでしょうか。基本的には資格などが必要ないので、募集しているサイトなどに応募することで、今すぐにでも始めることができます。しかし、プロとしてお金を稼ぐのであれば、安易に募集に応募するのではなく、ある程度勉強してから始めたほうが良いです。
勉強の方法としましては専門書などを購入して独学で勉強したり、独学が難しい方にはカルチャースクールや占いスクールなどで勉強するという方法もあります。また、好きな先生のところに弟子入りするというのもひとつの方法です。
また、せっかく勉強するのであれば一番当たる占いをやりたい、と思う方も多いですが、実際にはどの占いでも占う方の技術レベル次第で、当たる占いにもなるし、当たらない占いにもなります。要は占いをする方の勉強の量によるところが大きいです。よく、霊感がない方は占い師になることができない、と思っている方がいますが、実際には霊感にたよることよりも、書籍や講義、あるいは実践での経験などを積むことで技術レベルの向上に務めるところが大きいです。そういう意味においては、地道に勉強を続けることができる方のほうが向いていると言えます。
また、この職業には定年などの年齢制限がなく、それどころが、人生経験が豊富になるほど占者としての力量が上がってくるので、むしろ年齢を重ねるほど占いにも厚みが増してくる職業であるとも言えます。したがって、歳を重ねることを楽しみながら続けることができる仕事と言えます。
占い師というのは、資格のない職業なので、どの程度まで勉強すれば良いのかの見当がつきにくいのですが、基本的には、ひと通りの勉強を終えたところで、占い師の募集をしているサイトなどでは、無料枠で募集しているところもあるので、そこで試してみるのも一つの方法です。”

Leave a Comment

Filed under 占い師の募集に応募

占い師とはアドバイザーです

“昔から占い師という人がいます。一般的には未来を占うことができる人という認識であり、ほとんどの人がそう解釈しています。地位や名誉がある人ほど占いを自分の指針のアドバイスの一部にしている人が多いようです。映画などでも一国の王様が必ず占いの結果をたずねたりする場面がありますがそれと同じです。それは、いつ命が狙われるかわからない危機感があったり、信用している相手もいつ自分を裏切るがわからないという不安から相談できる相手がいなかったり、逆に人の上に立っているが故に誰にも相談できないなど孤独な存在であればあるほど相談できる場所がなく、そのため占い師に未来をうらなってもらって判断をするということに頼ることになるのです。
占いというものにも種類があるのですが、統計学に基づいているものとそうでないものがあります。統計学とはこの場合は大体こうなっていくパターンが比率的に高いという統計にもとづいたデータの上から判断されている未来予測です。そうでないものについては、科学的でない分野となります。どちらにしても、占いは、当たるも八卦当たらぬも八卦ということわざがあるように必ずしも当たるわけではありませんし全てがはずれるわけでもありません。
それは、未来は現時点での自分がどういう選択をするかによってシナリオは常に変わるということです。運命は常に変わっているということです。宿命は決まっているという声もきかれますがどちらにしても確かなことはわかりません。ただ、自分が悩んだり、困ったりしたときに占い師に占ってもらうということで心が軽くなることもあります。また、ショックな結果が出た場合でも回避の仕方のアドバイスをもらえる場合もあります。また、逆に運気が絶好調だと思っていても落とし穴があるから気を付けたほうが良い部分を気づかされることもあります。そういった意味ではすぐれたアドバイザーと言えます。占い師に占ってもらった場合には、あまりのめりこみ過ぎず結果からより良い道に進む指針にするものです。
統計学からの占いの場合は勉強して占い師になることも可能です。いろいろな占いがありますので結果を比較してみて客観的にとらえてみると違った側面からみることができるようになります。大難が小難に小難が無難になるように自分の状況に合わせて解釈することで良い方向へいける材料にすることが大切です。中には、いい加減なものもあるようなので気を付けることも重要です。”

Leave a Comment

Filed under 占い師のアドバイス

占い師募集では最新ツールの熟練度が重要に

“現在、占い師の募集そのものは全国各地で行われていて、それはインターネットでも変わることはありません。占いにおける選択肢として遠隔地でも意思疎通ができるようになった現代社会では、電話での占いというものもありますし、またメールを利用したインターネット経由での占いもあります。それにスカイプを使って、実際に相手の顔を見ながらの占いもあるのです。これらの数ある占いに関しては、その全てに対応できる人材がいま募集で求められています。
占い師といえば想像するのはたいていの人に共通しているのが対面占いにおける方法です。実際に対面した上で、どういったことで占っていくか、それぞれの占い師が個々のスタイルに応じてやっていくというもので、これらは個性ある結果を発揮してくれる上に、対面であるという安心感から利用者が次々とやってくるという、有名人にとってはとてもありがたいシステムになっています。
しかし、現在の社会においてはこうした対面での占いの需要だけが存在するわけではありません。忙しく働いていたりまたは地方に在住している方にとっては、気軽に利用できるプロの占いというものの需要が確実に存在しているのです。そのため、占い師として活躍するためには、ただ対面占いだけを目指すのではなく、電話やメールやスカイプなどを通じての占いができることが一つの基礎的なスキルとして求められるようになりました。
現代社会において困るのが、こうしたスキルの有無に関する部分で、例えばスキルがある人物にとってみれば簡単なことですが、アナログ型で最近のツールは使えないという方にとってみれば、スキルを身につけることすら困難ということになります。つまりこうした現代社会特有の最新のツールの利用は、若者にとってみればチャンスと言えるのです。
占い師募集をかけているところは、いまのところはスカイプやメールなどのツール程度で済んでいますが、これからはネットによくあるツイッターやラインなどのツールを利用したやりとりなども求められるようになる可能性があり、利用者が多いツールに関しては、使いこなせるようになっていて損はありません。
また、宣伝ツールとしても最新のネット上の情報装置はとても役立ちます。何かのやりとりができるということは、不特定多数に自分をアピールすることができるチャンスだからです。テレビに出たりラジオに出られれば最高ですが、それができない方にとってはインターネットでのアピールこそが自分を売り込むチャンスとなります。そしてそのアピールに利用したメジャーなツールは、今後の占い世界における新しい道具として基礎スキルの一部に加わることでしょう。”

Leave a Comment

Filed under 占い師を目指す